ホリスティックアプローチ ー自然療法ー

初級講座 千葉

概要

冷えをとる、ぐっすり眠れる、食事が美味しくなる、便通がよくなる、自分の身体の声を聴き、優しく触れる、自然の野草や食べ物を使いお手当てをする。
伝承療法には、家庭の中でできる簡単なお手当がたくさんあります。
びわ葉療法、こんにゃく湿布、しょうが湿布、里芋湿布、豆腐湿布…

私たちの身体の自然性は、外界の自然と共鳴しながら、適応しながら毎日を生きています。
疲れがたまってしまったとき、身体は病気やトラブルとして私たちに訴えてきます。
毎日の疲れをとることのできる自然療法をご一緒に学びませんか?

●身体の自然性=ホメオスターシスの話
●お手当実習=びわ葉療法、こんにゃく湿布、しょうが湿布、里芋湿布、豆腐湿布

ご案内

参加費:  会員 3,000円 一般 4,000円

日程:2017年7月17日 13:00〜15:00

持ってくるもの:タオル2枚

講師: 木村 ひとみ

定員:10名

受講日:7月17日(月・祝)13:00〜15:00

参加費: 会員 ¥3,000 一般 ¥4,000

会場:ルミナス訪問看護ステーション
千葉県千葉市稲毛区小仲台6-2−7

終了しました

講師:木村 ひとみ 先生 Hitomi Kimura

長崎県出身。看護師として14年間病棟勤務。在職中、父の看取りをきっかけに、リラクセーションの勉強を始める。深いリラクセーションが身体の疲れをとると共に、人生でおこる様々なことを受容する力となり、自分自身や他者、社会、地域、自然との関係性の再構築に必要であると確信する。
結婚後リラクセーション&ストレスカウンセラーとして働く。エネルギーワーク、オーラヒーリングなどを学びながら、2005年より「自然療法」の著者 東城百合子氏に師事。玄米自然食、自然療法、リラクセーション、ヒーリングのある生活を続けていく中で、夫のパニック障害と悪性リンパ腫をのりこえる経験を持つ。