初級Ⅰ:マインドフルネス ~あるがままの自分を知る~

初級講座Ⅰ 大阪 単発コース

目的

自分自身をより深く知る

概要

講義風景マインドフルネスとは、「今ここでの自分の体験に注意を向けて、あるがままに受け止める」ことです。

心がマインドフルな状態になると、心身がリラックスするだけでなく、自分自身や、自分の「今、ここ」の状態を、あるがままに受け止めることが容易になるため、さまざまな洞察が得られ、ストレス対処能力が高めることができます。

そこで、マサチューセッツ大学(米国)のジョン・カバットジン博士は、ストレス低減技法としてマインドフルネス瞑想プログラムを開発しました。

欧米を中心に広く臨床現場で活用されるようになったマインドフルネスの技法は、今や、種々の症状の緩和やセルフケアだけでなく、心理療法、更に自己啓発のエクササイズとして、ビジネスの分野でも広く使用されています。とくに、最近の心理療法では、マインドフルネスの技法が取り入れられ、第三世代の認知行動療法とも称されるようになっています。

今回のセミナーでは、マインドフルネスを理解し、実際に体験しながら、あるがままの自分を感じ、自分自身をより深く知っていきたいと思います。

講師:土井麻里

定員:1クラス 20名

受講日:9月4日

回数:全1回 日曜日
(10:00 ~ 16:00)

授業料:会員 ¥8,000
非会員 ¥10,000

会場:ゆうゆうプラザ
大阪府和泉市伯太町6丁目1−20


講師:土井麻里先生 Mari Doi

明石麻里先生関西医科大学卒業。Nature Care College(オーストラリア、シドニー)エネルギーヒーリング学科卒業。関西医科大学心療内科助教をへて、平成26年4月より、脳神経リハビリ北大路病院心療内科医長。日本心療内科学会登録医。日本統合医療学会指導医。日本ホメオパシー医学会専門医。森ノ宮医療大学大学院非常勤講師。ホリスティックケアジャパン理事。 国際ヒーリング看護協会顧問。日本フィトセラピー協会顧問

著書
「スピリチュアルヘルス宣言」「愛と光にめざめる女神事典」
国際ヨガ協会 協会誌「インナームーブ」に「心のヨガ」掲載中。

HP:http://womensmeeting.blog101.fc2.com/


講師
土井麻里
定員
1クラス20
受講日
94
回数
1
日曜日(10:0016:00
授業料
会員¥8,000 非会員¥10,000
会場
大阪和泉市 ゆうゆうプラザ 和泉市伯太町六丁目1番20号

電車+徒歩の場合

・ JR阪和線「信太山駅」徒歩200メートル 

・ 和泉市コミュニティバスめぐ~る「人権文化センター前」下車

お申込み
終了しました