シンポジウム感謝のことば

感謝の言葉

おかげさまで「第12回命輝く医療とはシンポジウム」無事に開催終了いたしました。ご参加くださりましたみなさま、ご多用中のところ、本当にありがとうございました。

実は、シンポジウム開催3週間前までは、なんとチケットがたった3枚程度しか売れていなかったのです。
クラウドファンドを行う予定で申請をしていたのですが、なかなか返事がなく、審議中とのことでようやく返事がきたのがもうすでに開催1か月前・・・
結果は落選。その理由が「補完代替療法」というキーワードでした。まだまだ日本の現実は認めてもらえないという結果に愕然としました。結果が分かったころには、シンポジウム開催まで間近に差し迫っており、スタッフはあたふた・・・本当にたくさんの方にご協力を得て、総勢180名の参加者となり大盛況となったことみんなの協力と愛の奇跡を見させていただきました。

今回は国際ヒーリング看護協会10周年記念でした。
10年ひと昔と言いますが、この10年を振りかってみると本当にたくさんのでき事がありました。つらかったこと、悲しかったことももちろんございました。でもそんな時いつも
そばにいて励まし続けてくれる仲間がいたからこそ、今日という日を迎えることができました。
過去誰一人かけていても今日という感動の日を迎えることはできなかったと思います。
全ては自分の成長のためのでき事であったことと思いますと本当に感謝でしかございません。関わってくださった数多くの協力者のみなさまに心よりお礼申し上げます。

24時間の緊急対応をしながら尽力くださりました、実行委員長 鈴木宏己さん連日の夜遅くまで準備に力を注いでくださった事務局、梅澤さん、横山さん
朝早くから集まり、愛あるおもてなしと準備をしてくださったルミナス職員及びボランティアの皆様、この素敵な会場を手配してくださった三宅さん 早朝から1日中本番にむけて練習をしてくださったワンドロップの聖歌隊のみなさま、協賛してくださりましたブースの皆様他、
関わわってくださったみなさま本当にありがとうございました。
みなさまのご協力のお陰でこんなにも素晴らしい1日を過ごさせていただけた喜びを 心から感謝申し上げます。
そしてご多用中にも関わりながら、この会場に足を運んでくださったみなさま方、このすばらしい時間を共有させていただき本当にありがとうございました。

ご自宅に帰られても、今日の生きるヒントが生かされますように 皆様の人生がより豊かに滞りなく生きて行かれますように心よりご祈念いたしまして 感謝の言葉とさせていただきます。
また来年もお会いしましょう!
本当にありがとうございました。ありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

11月は大阪のシンポジウムに登壇させていただきます。
関西の皆様ご参加お待ちしております

【IHAN10周年記念イベント】
◆2019年11月24日(日)大阪 『第13回 命輝く医療とはシンポジウム~命輝く ホリスティックケアの多様な関わり~』
https://npo-ihan.net/shininglife/symposium/