カテゴリー別アーカイブ: 会員限定

セミナー動画:『病気にならない体づくり』~コア・トレーニング~

受講者閲覧可 IHAN会員閲覧可

講師:喜多薫

目的・・・「肩こりや腰痛、しびれや歩行障害など高齢になると悪化し、最後は寝たきりになるという現代の日本では、いつまでも若々しく死ぬまで元気で過ごすことは不可能に近い。
症状が悪化してから薬、手術で治療をする現代の医療は結果として医療費の高騰を招き、保険制度が破綻しつつある。
私たち医療者が予防医療を学び、高齢化時代を病気にしないで元気で生き抜く夢のような時代を作るために病気になるのを待っている我々医療人が発想を変えていかなけれならない」

概要・・・腹横筋を活性化して背骨の老化を防ぎ、自律神経を安定させ健康寿命をのばせるコア・トレーニング
講座概要

No.1

セミナー動画:『病気にならない体づくり』~コア・トレーニング~1

No.2

セミナー動画:『病気にならない体づくり』~コア・トレーニング~2

No.3

セミナー動画:『病気にならない体づくり』~コア・トレーニング~3

No.4

セミナー動画:『病気にならない体づくり』~コア・トレーニング~4

セミナー動画:病気治しも人間関係もビジネスもうまく行くたった一つの習慣

受講者のみ閲覧可

講師:橋本亨

目的・・・キラキラ輝くような日々を過ごすための思考習慣をお伝えできれば。

概要・・・健康相談薬店として多くのがん患者さん、マーケティングコンサルタントとして多くの経営者、心理カウンセラーとして多くの悩める人とかかわって来て、うまく改善する人の根本の思考習慣。この習慣こそ身につけば、健康も、商売繁盛も、人間関係もすべてうまくいく!その思考習慣についてお話しします。
講座概要

No. 1


No. 2


No. 3


No. 4


セミナー動画:マインドフルネス ~あるがままの自分を知る~

受講者のみ閲覧可

講師:土井麻里

目的・・・自分自身をより深く知る

概要・・・マインドフルネスとは、「今ここでの自分の体験に注意を向けて、あるがままに受け止める」ことです。心がマインドフルな状態になると、心身がリラックスするだけでなく、自分自身や、自分の「今、ここ」の状態を、あるがままに受け止めることが容易になるため、さまざまな洞察が得られ、ストレス対処能力が高めることができます。
講座概要

No. 1


No. 2


No. 3


No. 4


セミナー動画:着衣の上からのタッチケア

受講者のみ閲覧可

講師:中川玲子

目的・・・
* オイルを使用せず、着衣のままで行えるタッチケアを習得する。
* 対人援助に相応しい、安全安心で、穏やかなタッチの質感を深める。
* タッチの基本性質やタッチケアの効果を理論的に理解する。
* 施術者自身の身体感覚を深めるワークを体験する。
* 今ここに共に在るケアを深めるーMindfulness & Being―

講座概要

No. 1


No. 2


No. 3


No. 4


No. 5


No. 6


No. 7
こちらの動画が編集の都合上、僅か7秒とごく短い動画になってしまったため、消去いたしました。


No. 8


No. 9


セミナー動画:ハピネス心理学

受講者のみ閲覧可

講師:宮崎 英二

目的・・・コミュニケーションには、自分と自分のコミュニケーション、自分と他者とのコミュニケーションがあります。
先ず、第一回~第四回までは、自分と自分のコミュニケーションを通し、自分の内側で何が起こっているのかを知り、自分の状態を整えて(調和させて)ゆきます。
次に、第五回で、自分と相手の間にどのようなやり取りがなされているのかを分析します。
そして、第六回~第十回で目的に応じた他者とのコミュニケーションを学び合います。

 


第1回 「コンセプト」と「人生の満足度」

現代社会は勝ち負けや、地位・財産の有無を争う過酷な世界です。さらに人間関係で傷つくストレス社会です。「目の前の人をたいせつにすること」が人生の目標として、看護の現場と人生の人間関係の理論と技術を習得していきます。初日に「人生の満足尺度」(米国イリノイ大学エド・ディーナー教授)と終了時のスコアの変化を確認するための簡単なチェック①を行います。

1-1
1-2
1-3
1-4

第2回 「愛の考察」

だれもが愛を欲しいと希求しています。愛を考えることは、人生そのものを見つめることになります。愛とは「満たされていないものを満たしてくれるときに感じる情動」と捉えて、人生と看護の関係をみていきます。

2-1

2-2

2-3
2-4

 


第3回 「傾聴と質問力」

一般的に傾聴は簡単にできると考えられていますが、ほとんどの人は傾聴はできないのです。それは脳の構造上からくるもので、聴いている間に自分が話すことに力点が置かれるからです。傾聴ができるようになると、次はクライアント(患者)の内面を引き出すための適切な質問が必要です。傾聴ができると人間関係が格段によくなります。

3-1

3-2

3-3

3-4


第4回 「勇気づけ力」

勇気づけとは「やる気を喚起すること」です。傾聴と質問ができれば、内面の悩みが整理されて、気持ちが軽くなり、やる気が湧き上がります。信頼・尊敬・感謝は勇気づけの基本ですが、病状の軽重に関わらず、またふだんの人間関係にも勇気づけ力の技術は欠かすことはできません。

4-1

4-2

4-3

4-4

4-5

第5回 「ほめ力」

「ほめる」ということは「条件付け」のほめ方となり、相手の心に響かず、逆効果になることが多いので、内面に届くほめ方などから、ほめられると何がどう変わるのか、メリットは何かなどを学びます。また「ほめて認めて・・8要素」/①ほめる。②認める。③傾聴。④尊敬。⑤信頼。⑥感謝。⑦大好き。⑧愛する。これらをロールプレーを交えて体験していきます。

5-1

5-2

5-3

5-4


第6回 「心の裏表=リバースプログラム」

怒りを抑えるために、また人をほめるときに、また内面の言語化や自己紹介をするときになど、リバースの理論とツールを利用します。ネガティブな感情の裏側にポジティブが併せ持っていることを学習します。

6-1

6-2

6-3
6-4

第7回 「ミラーワーク」

ミラーワークは小さな鏡を利用して、瞳と瞳孔に語りかけるものですが、瞳孔の奥は霊性(本質)につながる入口です。瞳孔の中に意識を集中していくと、その向こう側に今まで知らなかった内なる自分が見えてきます。瞳孔に「私はあなたをだれよりも愛します」の語りかけを繰り返しますと、愛の容器に愛があふれてくるようになります。

7-1

7-2

7-3
7-4

第8回 「トラブル・シューティング」

このエクササイズは、日常の実例をもとに、出来事にとらわれることなく、本質の部分に焦点を当てて、その感情の解放や、トラブルの収束、心の癒しへの技術を習得するものです。このテキストに掲げられた例題がすらすら解けるようになれば、どんな難題を持ち込まれても楽々と解決できるようになれます。

8-1

8-2

8-3
8-4

第9回 「目的論的治癒論」

「物理的現象には<知性と意識と目的がある>と考えられる」、ユングはあらゆる現象にはそこにかかわる人の意識が写し出されているのであるという。病気を例にとれば、病気という物理的事象に目的があるわけであり、目的があるかぎり、無意味な原因(病気になる原因)が引き起こすでたらめな結果(目的にそわない結末)があるはずがないと考えていきます。

9-1

9-2

9-3
9-4

第10回 「ほめ言葉の実例」

私たちは人生の様々な場面で、難題や課題に直面することを避けて通れません。勇気づけとは、つまり、人生の難題・課題に立ち向かい、解決していくという自信を持てるように援助することと言い換えられます。ここでは100のほめ言葉を練習して、人を幸せと健康に導く技術を習得します。

10-1

10-2

10-3

10-4

10-5

第11回 「認定試験」

病と癒しについての考察。愛の代償行為について。トラブルはなぜ起きるのか。傾聴がなぜたいせつなのか。ハピリスの8要素、など。

11-1

11-2

11-3

11-4


第12回 「認定試験」

「幸福度テスト②」(①~②の比較)、トラブルシューティング例題試験。ポジティブワードとネガティブワード。など

12-1

12-2

12-3


 

セミナー動画:開華セミナー

受講者のみ閲覧可

講師:村松 大輔

目的・・・小中学生にもお伝えしている『量子力学的生き方』。今回の連続講座を通して 『自分は何のために生まれてきたのか』『自分の提供できる価値は何か』というものを深く掘り下げてゆきます。

第1回【言葉が素粒子を動かす】~引き寄せの法則~

「できる!」というだけでパワーが全然違う!?【言葉】も【意識】も【祈り】もすべて【エネルギー】です。相手に伝わるのは【エネルギー】です。そのエネルギーを科学的に、そして体感ワークとして身に付けて頂きます。


第2回【意識を高め 器を拡大する】~自己肯定感の向上~

「イラッ」と来たとき。それは愚痴の対象ではなくて、『自分の器を拡大させるチャンス』なんです。ご自身の存在を「私、良くやっているよね。」といたわる。すべてはそこの発振から、自分の人生が、家族が、周りがどんどん変化してゆきます。すべてはエネルギーです。


第3回【『せいで』を『おかげで』】~トラウマを昇華する~

「小学校のときのうちのお父さんのせいで…。」「学校に行けなかったせいで…。」「失恋したせいで…。」それをずっと引きずり、前に踏み出す勇気をなくしてしまいます。けれど。世の中で輝いて活躍されている方は、話を聴いてみると「癌で余命宣告を受けました。」「息子に先立たれました。」「事業に失敗しました。」ものすごい過去をお持ちです。その過去の『せいで』を『おかげで』へ昇華する。そのワークを行い、あなたの生きる芯を太くします。


第4回【魂と科学】~『魂』とは『データ』である~

『魂なんて怪しくない??』一時期まではそういわれていましたが。現在は、東大医学部付属病院の先生も、多くの精神科医や教授の方々も魂の存在を、過去世の存在を、学会で発表しています。『魂とは データである。』 あなた自身のCDに書かれている【データ】。それが【魂】です。その【魂】が肉体を変えつつ、ずっと生き続け、バージョンアップをしてゆきます。その【データのバージョンアップ】=【魂の進化成長】のために私たちは生まれてきています。


第5回【ミッション】~『生命の成り立ち』そして使命・天命とは~

【使命】とは、『使われているものの勤め』=ミッション(Mission)です。そして 【天命】とは、God’s Will。【神の意志】と訳されます。ノーベル平和賞にノミネートされたラズロー博士も『私たちの意識は私たちの肉体の中だけではない。はるかに深く広い存在だ。』と言っています。その意識からの任務を全うする。それが【天命】です。当日はご参加頂いた皆さんに【使命】【天命】を打ち立てるところまで行います。