ヒーリングタッチ

ヒーリングタッチ・ベーシック

コース目標

受講生は、以下を習得します。
1. ヒーリングタッチ実践者の質とセルフケアの必要性を探究する。
2. ヒーリングタッチの要素について話し合い、肉体的、思考的、感情的、スピリチュアルな癒しを手助けするテクニックと関連づける。
3. 癒しの存在を体感する。
4. エネルギーフィールドで実践する際に、グラウンディングし、今に意識を向け、ハート中心でいることを維持する能力を開発する。
5. 微細なエネルギーやハート中心であることへの自身の認識を表現する。
6. ヒーリングタッチ・フレームワークを多様なエネルギー的介入へ応用する。
7. 7つのエネルギーセンター(チャクラ)とボディの周りにある関連するエネルギー層を評価する。
8. 特定のヒーリングタッチのテクニックと用いる理由を関連づける。
9. 初期のヒーリングタッチ・スさチューデントに必須なヒーリングビヨンドボーダーズの倫理規定・実践基準、実践範囲を話し合う。(http://healingtouch.or.jp/workshop/#c-work-1)

ベーシックコース受講申込

アドバンスコース受講申込

ヒーリングタッチ認定プログラムは、世界中で提供されているエネルギー療法の継続教育プログラムです。

看護学と科学的なプロセスに明確な基礎を持ち、かつ、全ての文化に共通している学びの課程は、人のエネルギーシステムと古代からのヒーリングの伝統、さらに、エネルギー的な枠組における癒しの関係性、癒しの存在、思いやりのあるケアについての深い探究へと導きます。

受講生は、このエネルギー療法が根差す科学的基礎とエビデンスに基づく実践を理解し、エネルギー的な基礎と見方に基づくホリスティック・ヘルス特有の理論と原則を適用します。

コース内容

ホリスティックなエネルギーヒーリングの基礎
癒しのあり方の育成
核となる価値とヒーラーとしての開発
人のエネルギーシステムの原則とアセスメント(評価)
ヒーリングタッチ・セッション・フレームワーク
エネルギー介入法: チャクラコネクション、チャクラスプレッド、フィールドリパタニング、レーザー、応用メスマークリアリング、ノエルマインドクリアリング、スカダーメリディアンクリアリング
臨床への応用:疼痛・頭痛マネジメント
臨床家としての倫理と法

*米国AHNA、NCBTMB継続教育単位18時間の取得が可能です。
http://healingtouch.or.jp/workshop/