命輝く医療とは 合宿討論会

趣旨&推薦文

<大会趣旨>

現代医療、それに変わる代替医療、さらには「肉体・精神・霊性」の三身一体を考えたホリスティック医療、これらを合わせた統合医療、それぞれの良さを生かし、バランスのよいケアを提供するために、実際に実践をしている医療従事者・セラピスト・クライアントから学び、互いの絆を深め、輪を広げるための実践会シンポジウムを目指しています。 最後まで輝いて、心豊かに生きるために、一人一人のニーズに合ったセルフケアを提供し、地域や生活に根ざした、より多くのケアの選択の幅を広げることを目的としています。

<挨拶文>

「心をみつめ、いのちを見守る愛ある医療とは」

 『生きていれば誰でもが経験する病や老いや死、あるいは人生の困難、苦難、試練を「魂の目覚め、魂の成長・進化」の機会にし、本当に自分の魂が歓ぶ生き方に歩みだそうとする人たちをどうサポートしていけるのか、死を包含した生をどう生きるのか。そして、人生の試練を大いなる存在からの贈り物にするにはどうしたらいいのか。
患者も医療者も共に幸せや安心を感じられる、より良き医療とは何か、西洋医学だけにとらわれない「新しい医療」への道に開いていくには何が必要なのか・・・。』

 以前、この「心をみつめ、いのちを見守る愛ある医療とは」の講演会に参加させていただき、その趣旨や、充実した内容に大変感動いたしました。ぜひ、統合医療を目指し、実践し、活動している人達の話が聞きたい。交流を深めたい。と思っていた矢先に、国際生命情報科学会から企画運営のお話を頂き、まさに今、行動を起こすときだと感じております。

 「医療」となると、どうしても治る、治らないという討論や、技術的なことに偏りがちです。

 たとえ、統合医療、代替療法、ホリスティック医療という新しい分野で、今日の日本の医療問題を解決しようとしても、結局のところは、現在医療と同じ問題で行き詰まってしまうように考えております。

 今後、どんなに技術が高まり、色々な療法が行われるようになったとしても、人はいずれ死を迎えるのだと言うことを、医療従事者にも、クライアントさんにも、家族にも、認識していてほしいことだと思います。

 心豊かに、輝き続けながら生きるためには、私達はどのように生きていかなければならないのか。黒澤明監督「生きる」の映画作品のように、病気になったおかげで、本当の生きる意味を知り、人生の転換を迎えるかたもたくさんいらっしゃいます。

 いくら健康な体を持っても、なんのために生きているのかわかない状態で、輝きを失って生きている方と、たとえ癌になっても、前向きに充実した生活を送っている方とでは、どちらがより健全なのでしょうか?

 「命輝く医療とは」では、医療技術、ケアの向上、臨床データの充実はもちろんのこと、本当の意味での医療のあり方、病気との向き合い方までを討論していきたいと考えております。

「命輝く医療とは」 コーディネーター  中 ルミ中 photo


Mrs. Rumi NAKA,
Nurse of cancer
Panel discussion member
Shining the Earth Project Representative
Japanese Reiki Wave Motion Healing Society Sub-manager

Recovery by all means of "medical treatments" tends to bias discussions of not recovering. The issue often comes to a standstill at the same point even though medical issues in Japan of today are being considered from the viewpoint of new fields like integrated medicine, alternative therapies, and holistic medical treatments, etc. Medical personnel, patients, and the families of patients need to think that he or she will approach death sooner or later even if new technologies appear and new treatments comes to be done in the future.

How should each person live as a shining rich mind? The true meaning of this question becomes known when we consider the work of movie director Akira Kurosawa in his film "Live". Is it healthier to spend a full life positively ignoring why we are alive ?

In this round-table discussion, I want to discuss a true ideal way for medical treatment not as the improvement of medical technology and the enhancement of clinical data but by caring about those who are sick.



<推薦文>

帯津先生推薦文

医療とは患者さんを中心にご家族、友人、さまざまな医療者が織り成す”場”の営みです。当事者一人ひとりが自らの内なる生命場のエネルギーを高めながら、他の人々の生命場に思いを遣り、共有する場のエネルギーを高めることによって患者さんはもちろん、すべての当事者が癒されていく。これが医療なのです。当事者のすべてが、このことを肝に銘じさえすれば、医療はもっともっと温もりのあるものになりますよ。簡単なことなのです。ご健闘をお祈り申し上げます。

帯津三敬病院
理事長 名誉院長
帯津良一

東京大学医学部卒
同付属病院第三外科
都立駒込病院外科医長

帯津先生


<呼びかけメッセージ>

神渡呼びかけメッセージ「天に棄物なし」

  最近私は「天に棄物なし」ということを強く感じさせられています。私たちの人生を見守り導いてくださっている天には、何一つ捨てたものはないと思うのです。あらゆる出来事を通して、天は私たちに大切なことを気づかせて軌道修正させ、実りのある人生を歩ませようとしてくださっているように思えてなりません。その最大の物が病気であり、それは私達に気づかせるための天の配慮であるように思います。そのとこがわかってくると、どういう境遇も感謝して受け止めようという気持ちになり、そういう姿勢の前にはトラブルも自ずから解消していきます。
「輝く地球プロジェクト」はそういう観点から医療をとらえる試みです。このセミナーでは啓発的で有用なメッセージを発信しているので、どうぞ活用し、ご自分の人生をますます充実させてください。

神渡良平(かみわたり・りょうへい)

1948年鹿児島生まれ。
九州大学医学部中退後、
新聞記者、雑誌記者を経て独立。
取材国は50数カ国に及ぶ。

神渡作家


実地医療の現場では、純粋の科学では割り切れないことに遭遇することも少なくありません。多くの患者さんの旅立ちに接するうちに、医師としての自分の無力さ、そして医療を超えた生命の神秘性を強く感じるようになり悩みました。 そんな折、精神科医ブライアン・ワイス博士の “魂の伴侶”に出会い、強い衝撃を受けるとともに、大きな救いを得たような気持ちになりました。生死は、医者ごときが決めることではありませんし、医療者も患者さんも全く同じ仲間なのです。患者さんへの共感が深まると共に、患者さんの心の持ちようが、病気の経過に影響を与えているらしいということを感じるようになりました。 この私の思いに合致するのが、ホリスティック医学の考えです。現在は、ホリスティック医学の研究会や、代替医療の実際の現場に積極的に足を運ぶようにしています。今後は、西洋医学と代替医療とのバランスが取れた医療はどのように実践されるべきなのか、皆様とご一緒に考えてまいりたいと存じます。

長堀 優
「命輝く医療とは」パレルディスカッション・パネラー

昭和58年 群馬大学医学部卒業
平成10年 横浜市立市民病院外科医長
平成17年 横浜市立みなと赤十字病院 外科部長
平成20年 総合病院副院長・外科部長

日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
消化器がん治療認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
信州大学医学部 組織発生学講座(佐々木克典教授)委嘱講師

神渡作家

 

Page Top